長崎お土産の最適解。文明堂総本店のカステラ巻。

 

 

長崎から実家に帰るときのお土産。

無限に湧いてくる長崎の名産品から選ぶことは困難のことこの上なしですね。

僕もこれまでたくさんのお土産を買っては持っていきを繰り返していました。

 

その中で、これは間違い無いだろうという「長崎お土産の最適解の法則」を見つけましたので紹介します。

 

長崎お土産の最適解『文明堂総本店のカステラ巻』

 

文明堂総本店のネットショップから画像をお借りしています。詳細:https://www.castella.website/category/castellaroll/

 

結論から言うのがながさきログのスタイル。

文明堂総本店のカステラ巻です。

 

なぜこのお土産が最適解かというと、以下のような特徴があるからです。

 

老舗のお菓子でとても食べやすく、1個ずつ買うことができますので個数調整も可能。

これが長崎のお土産で最適な選択であるとながさきログでは結論づけることにします。

 

 

 

 

カステラ巻の解体新書

 

カステラ巻は、文明堂のカステラに三笠山の皮を巻きつけたものです。三笠山=どら焼きで理解してOK。

値段は1個110円(税込)になっています。

 

全国的に「どらやき」という呼称が主流ですが、文明堂総本店では発売当初から三笠山(登録商標)と名付け販売を続けてまいりました。長崎の長い歴史の中で親しまれてきた和菓子、「三笠山」を是非ご賞味ください。参考:文明堂総本店 三笠山(https://www.castella.website/category/mikasayama/

 

 

カステラをベースとしたシンプルな構成としつこくない甘さがたまりません。

 

カステラ巻はプレーン・いちご・チョコレートの3種が発売されています。いちご味はよりまろやかなカステラに、チョコレート味は通常のチョコレートカステラを巻いたものと思われます(編集者の感想)。こちらも甘党の僕にはたまらないカステラでした。

 

 

長崎の銘菓として普通のカステラが挙げられますが、カステラは基本的に個包装では売られておらず、お土産として配りにくいもの。

カステラをどら焼きの皮で巻いたお菓子と言うと美味しそうだけど、どんなものかイメージしずらいため、好奇心から自分で買って食べてみることも良いかもしれません。

 

ジャリっとした感覚に「?」と思ってみると…。ザラメだ!(食べかけの写真ですみません)

 

どこで買えるの?

 

 

文明堂の店舗で購入できます。総本店は路面電車の大波止電停を降りてすぐにありますが、長崎駅近くのアミュプラザでも購入できます。電車で帰省する際のお土産問題もこれで解決です。

 

 

 

公式オンラインショップでも買えるみたいだよ

 

画像をクリックすると公式オンラインショップにアクセスできます。

 

文明堂のホームページを見ると、公式オンラインショップの案内もありました。インターネットで通販購入も可能みたいなので、たくさんお土産を買おうと思っている方、長期帰省中に久しぶりに食べたいと思った方、ネット購入はオススメです!

 

 

 

 

終わりに

 

かつて長崎の出島には、たくさんの砂糖が輸入されていました。それにより、当時の長崎人は当時贅沢品であった砂糖を使った料理を作るなどしてお客さんをもてなしたと伝えられています。

県外から長崎にやってきた方は、長崎の郷土料理に使われる砂糖の多さに驚くことが多いそうですが、砂糖を使ってもてなしていた長崎人の温かい想いがあったのではないかと思います。

今回紹介した文明堂総本店のカステラ巻も、そんな長崎風情を表したお菓子であり、これからもたくさんの人に愛されるお菓子と思い、ここで紹介することにしました。

 

 

ぜひ、お土産選びの参考にしてください!

 

 

おわり

>ながさきログ

ながさきログ

ながさきログは、長崎在住の若者が長崎の魅力を勝手に紹介するWebメディアです。