iPhoneの写真をワイドで撮影する方法【初心者向け】

 

 

iPhoneの表裏についているカメラについての話。

 

 

最近のiPhone搭載カメラの性能向上には、目を見張るものがあります。

毎年、カメラの性能が強化された新機種が発売されており、一眼レフにも引けを取らない高性能なカメラが付いていることが多いです。

しかし、iPhoneのカメラで撮影している皆さんにとって、一度は必ず当たる問題。

 

 

通常の設定で写真を撮影すると、左右の黒い部分のようにどうしても余白が出てしまいます。

 

というわけで今回は、余白を出さないようにする撮影方法を紹介したいと思います!

 

 


 

写真の「アスペクト比」について少しだけ勉強しよう

写真の縦と横の大きさの比率のことを、専門用語で「アスペクト比」と言います。

よく使われるアスペクト比は、1:1 / 4:3 / 16:9などがあります。

 

 

1:1は、縦と横の比率が同じことを表しますので、正方形の写真を撮ることができます。SNSやLINEのアイコンを撮影するときには、使いやすいアスペクト比かもしれません。

 

4:3は、一昔前のテレビと考えれば良いでしょう。今のテレビよりも、正方形に近いデザインです。実は、何も設定していないiPhoneのカメラは4:3で撮影されるようになっています。一眼レフなども基本はこのアスペクト比なので、写真業界では最も一般的なアスペクト比とも言えます。

 

16:9が、今のテレビ・パソコン画面・パワーポイントのアスペクト比になります。写真を16:9で撮影することで、画面の左右に黒い棒が入ることがなくなります。いわゆる、イマドキのアスペクト比です。今回は、iPhoneの写真をこの16:9に変更する方法について解説していきます。

 

 


実際に設定を変更してみよう

 

iPhoneの純正アプリ「カメラ」を開きます。

 

iPhoneを横で撮影するために撮影ボタンが右に来るように持ち替えます。

画面左端の「<」のマークをタップします。

 

設定が変更できるようになり、撮影ボタン周辺の項目が変わることで、アスペクト比が設定できるようになります。

 

「4:3」のところをタップすると、スクエアと16:9に変更できます。スクエアを選択すると1:1で撮影ができます。ここで16:9に変更すると、16:9で撮影できるようになります。

 

「16:9」の表示になっていれば、変更完了です。

 

 


【発展】解像度でアスペクト比を推察する

画面がどれだけ綺麗に映すことができるかを表す解像度を見ることで、アスペクト比が予想できます。

ここでは、一般的に使われている解像度とアスペクト比を紹介していきますので、以下の表を参考にしてください。

 

 

 


終わりに

今回は、iPhoneで撮影した画像のアスペクト比を16:9に対応するための設定変更方法についてご紹介しました。これを活用することで、パワーポイントに画像を貼り付けるときも余白を気にせずに貼り付けることができて、情報がより伝わりやすくなります。このように、意外と知られていないiPhoneの活用方法についても今後は更新していこうと思っていますので、iPhoneでこんなことはできないの?やこんなことで困った!というものがあればぜひ聞かせてください。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

終わり

>ながさきログ

ながさきログ

ながさきログは、長崎在住の若者が長崎の魅力を勝手に紹介するWebメディアです。