大学生必見!wordとpowerpointで名刺を印刷する方法

この記事のアップデート版があります。以下からご覧ください。
関連記事

  名刺をWordとPowerPointで作成する方法についてテキストマニュアルを作成しました。僕の大して無い知恵を絞って考えた簡単な名刺作成方法ですが、皆さんのお役に立てますと嬉しいです。   自分の[…]

 

 

アラハタという言葉を知っていますか。30歳に近いことをアラサー、そこからアラフォーと続いていきますが、アラハタは「around 二十歳(ハタチ)」から来ているそうです。

「私、もうアラハタだから〜」

と言うのは違和感ありありだなあと思っています。

ちなみに、アラハタと同義でアラトゥエ(around twenty)という言葉もあるそうです。初めて聞いた時は魚の名前と勘違いしていて、美味しいのかな・・・とか思っていました(アカハタ=高級魚)。

さて、そんな話をしに来たのかといえばそうではございません。

圧倒的な情報量を日々取捨選択しながら生きる現代ですが、昔から残り続けているものがあります。それが、名刺です。

名刺をみると、その人がどんな会社にいてどんなお仕事をしているのか、役職はどうなのか、連絡先、特にメールアドレスは・・・。

とにかくその人を表す貴重な情報の塊であることに間違いありません。

そして、スマートに連絡先が交換できることから、いまだにアナログな紙を使う社会が形成されています。そして、学生の皆さんはこんな場面に出会ったことはないでしょうか?

そうです。せっかく得たチャンスが空振りに終わるほど悲しいものはありません。というわけで、自分の所属や連絡先を明確に相手に伝えるための名刺を作ってみましょう!

名刺を作る方法

名刺作成に必要なもの

パソコン(wordとPowerPointが使えるようにしておく)

いくら名刺が紙だからといって、データ作成にはパソコンが必要です。必ずwordとPowerPointが使えるようにしておいてください。

以下URLからダウンロードしたwordデータとPowerPointデータ

名刺を作成するために必要なデータです。今回は直感的に、わかりやすく作成するためにwordとPowerPoint以外は使いません。

所属する組織(大学)のロゴデータ

名刺にはロゴマークが入っていることがほとんどです。権利的な問題が懸念されますので、組織のホームページなどから勝手にダウンロードするのではなく、事前に大学の学生担当の部署に相談するようにしてください。大学の先生も名刺に大学ロゴを入れているのでロゴマークが使えないかもという心配ないと思います。

印刷用紙

名刺用紙はたくさんの種類がありますが、基本的に1枚(A4)で10枚印刷できるタイプなら問題なく印刷できます。今回は、基本の紙質となっている画像の印刷用紙で作成します。大体450円前後。10枚印刷×10シートなので100枚印刷できます。名刺1枚あたり、4.5円・・・。

印刷機

作成したデータを印刷します。手差しで追加できるコピー機を選んでください。コンビニではセキュリティの関係上、できないところが多いそうです。

愛とやる気

これが一番大事。これを語っていたらブログが永久に終わらなくなるので割愛。

必要なものが準備できたら、いよいよ作成に入ります。予め、名刺にはこのような情報があった方が良い、というものをダウンロードしたデータにテンプレートとしてまとめていますので参考にしてください。

デザインが決定すると、いよいよ印刷するためのデータを作成していきます。

完成したデザインをpdfで印刷してください。

pdfデータを画像データに変換する

Mac版のPowerPointではpdfをそのまま貼り付けることができますが、windows版ではそれができない事があります。pdfと画像データの違いはそのままGoogle大先生にお尋ねするのが確実です。

Pdfに印刷した地点で気づいた方、いらっしゃったのではないでしょうか。

そう、不可解な上下の余白・・・。

これを削除するために、トリミングを行います。画像を挿入したら図の設定というタブが出てきますのでそこからトリミングをして、大きさを調整してください。大きさは点線に被るギリギリまで拡大すると綺麗に印刷できます。

印刷用データができたら、いよいよ印刷です。この場合、pdfに変換せずにwordから印刷するようにしてください。一度pdfに変換してしまうと、データが崩れたという声が多いからです。あの不可解な余白を回避するために、必ずword印刷を心がけてください。

なお、印刷は両面印刷で長編綴じを、用紙トレイは手差しを選択してください。名刺が裏表反対に印刷されてしまったり、普通紙で印刷されたりしてしまうからです。

無事に名刺は完成しましたでしょうか。名刺は、社会人になると必ず扱うツールです。

名刺の受け渡しだけで人が判断されてしまうケースも少なくないので、きちんとした態度と作法で

名刺を渡せるように練習しましょう。

世界に一つしかないオリジナルの名刺をフル活用して、楽しい長崎ライフを送ってください!

記事は以上です。

>ながさきログ

ながさきログ

ながさきログは、長崎在住の若者が長崎の魅力を勝手に紹介するWebメディアです。